院長ブログ|豊中市千里中央にあるリウマチ・骨粗鬆症・リハビリに強い『医療法人藤田整形外科』です。

  • 06-6872-2012

    診療時間
    9:00~12:00/16:00~19:00
    休診日
    水曜・土曜午後/日曜/祝日

クリニックブログ

院長コラム

五十肩は早期治療開始が重要です

  • 院長コラム
当院では五十肩の患者さんを多数治療させてもらってますが、五十肩の診断は整形外科のなかでも明確になっていないため、五十肩の患者さんは、治療放棄か、無意味な治療を受けるはめになっていることが多々あります。現在、通院中の肩痛の患者は200名、そのうち五十肩症状の人は60名です。五十肩は肩関節痛とともに肩関節の運動制限を伴います。腱板損傷、上腕二頭筋長頭腱炎、石灰沈着、肩峰下滑液包炎など原因が明瞭なものは五...
続きはこちら

肩の脱臼??

  • 院長コラム
今日の患者さん「肩が痛いので整骨院へ行き、脱臼と言われ整復してもらった。」診察すると、肩を動かしても肩関節の痛みはなくてスイスイと動く、脱臼したときも肩は動いていたとのこと。これは、おかしい。私も自分自身が肩の脱臼を数回経験しましたが、脱臼すると肩はロックされ動きません。これを整復するにはかなりの痛みをともないます。患者の脱臼も何度も整復しましたが、そう簡単ではありません。案の定、よくよく診察...
続きはこちら

腰痛に対して手術はどうなの その2

  • 院長コラム
先日、長年腰痛に悩まされている患者さんが、手術するべきかどうか相談されに来ました。数年前から腰痛を患い、整形外科、整体、ペインクリニックなどに通っていました。その人はMRI検査でお大きな椎間板ヘルニアがあり、経過も長く手術を勧めました。私に手術が必要でないというコメントを求めていたようでした。椎間板ヘルニアにもタイプがあります。脱出ヘルニアといって靭帯を破り飛び出してしまったヘルニアは案外自然経過...
続きはこちら

腰痛に対する手術はどうなの その1

  • 院長コラム
腰痛に対して手術するかどうかは非常に悩ましい問題です。たとえて言えばタイガーウッズはゴルファーの持病である腰痛のため、何度も手術を受けました。しかし、復帰してもすぐに腰痛を起こし、ゴルフができなくなり、鎮痛剤としてオピオイドという麻薬類似薬を大量に摂取して、とてもゴルフができない状態になってしまいました。しかし、タイガーウッズは今年見事に復活して優勝しました。オピオイドもやめたようですし、手術...
続きはこちら

腰痛の原因

  • 院長コラム
整形外科受診の患者では腰痛は多いのですが、痛みの原因がいくつもあります。1.椎間板ヘルニアの障害(ヘルニアなど)2.椎間関節の変形、捻挫など3.筋肉筋膜由来の腰痛以上が腰痛の主な原因です。仙腸関節由来の腰痛、大動脈剥離から来る激痛、尿管結石から来る激痛など痛みの原因は多くあります。診断のために、X線、エコー、MRIなどの画像所見や、診察して理学所見を調べます。 
続きはこちら

ページトップへ戻る