腰痛に対して手術はどうなの その2|豊中市千里中央にあるリウマチ・骨粗鬆症・リハビリに強い『医療法人藤田整形外科』です。

  • 06-6872-2012

    診療時間
    9:00~12:00/16:00~19:00
    休診日
    水曜・土曜午後/日曜/祝日

クリニックブログ

腰痛に対して手術はどうなの その2

  • 院長コラム

先日、長年腰痛に悩まされている患者さんが、手術するべきかどうか相談されに来ました。数年前から腰痛を患い、整形外科、整体、ペインクリニックなどに通っていました。その人はMRI検査でお大きな椎間板ヘルニアがあり、経過も長く手術を勧めました。私に手術が必要でないというコメントを求めていたようでした。椎間板ヘルニアにもタイプがあります。脱出ヘルニアといって靭帯を破り飛び出してしまったヘルニアは案外自然経過で治癒しますが、靭帯を破らず、神経を圧迫しているヘルニアで、腰痛、坐骨神経痛を繰り返す場合は、難治なことが多いのです。こういう場合は手術した方がいい場合もあります。ペインクリニックでブロック注射や、投薬を継続しても完治しなかったので、手術を勧めました。手術がいいかどうかは結果論的なこともあり、その判断は難しいです。ドクターによっても手術基準が異なります。私は自分が患者の立場に立って、ケースバイケースで判断しています。手術紹介するドクターも一番信頼できるドクターに紹介しています。結果が悪ければ、こちらまで恨まれるので当然のことです。

ページトップへ戻る